ビジネスローンの申込み前に知っておきたい種類・方法・注意点を解説!

0120-074-013

会社倒産/破産手続き・民事再生 > お役立ちコラム > ビジネスローンの申込み前に知っておきたい種類・方法・注意点を解説!

ビジネスローンの申込み前に知っておきたい種類・方法・注意点を解説!

2020.12.3

この記事を監修した弁護士

弁護士 西村 雄大
梅田パートナーズ法律事務所

大阪弁護士会【登録番号 49195】

ビジネスローンは、多くの企業が利用する資金調達方法です。審査が比較的やさしく、スピーディーに融資を受けやすい点が魅力とされています。自社に最適な資金調達方法を選ぶために、ビジネスローンの特徴や種類について確認しておきましょう。ここでは、ビジネスローンの概要から特徴、種類まで詳しくご紹介します。

法人破産に悩んだら弁護士へ早めに相談を!

会社の資金繰りが悪い、苦しいことを一人で悩まないでください。専門の弁護士にお任せください。 初回無料でご相談いただけます。何を話せば良いか、誰に相談したら良いか分からない方もお電話を。

いますぐご相談ください
ご相談予約はこちらから。お気軽にご相談ください

アイコン

こんにちは。弁護士の西村です。
当事務所では、破産に限らずベストな手続き方法をご提案します。

まずはご希望の方針を教えてください。


ご希望の方針を選択してください

アイコン
ありがとうございます。「」ですね。
負債総額はどれくらいですか?




負債総額を選択してください

アイコン
ありがとうございます。「」ですね。
お聞きになりたい手続き内容はありますか?




手続きを選択してください

アイコン
ありがとうございます。「」ですね。
ご希望はありますか?


ご希望を選択してください

アイコン

」ですね。承知いたしました。

それでは、すみやかにご連絡させていただきますので 『ご連絡先』を教えてください。

お名前


お名前を入力してください

お電話番号


半角・ハイフンなしで、番号を全て入力してください

メールアドレス


無料で問い合わせる

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは、事業目的で利用するローンのことです。主に、銀行融資の審査に通過できない、審査結果を待てないほどに早く融資を受けたい、比較的少額の融資でよいといった方に向いています。

ビジネスローンを提供しているのは、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などです。

ビジネスローン の特徴

ビジネスローンには、銀行や消費者金融の融資とは異なる点があります。ビジネスローンの特徴について、詳しくみていきましょう。

スコアリングシステムで審査されることが多い

銀行融資を受けるには、企業の経営状態や財務状況がわかる資料の用意が必要です。膨大な資料をもとに企業への融資に問題がないか審査するため、申し込みから融資開始までには時間がかかります。

対してビジネスローンは、スコアリングシステムを採用している金融機関が多いといわれており、銀行融資と比べて短時間で審査が完了する傾向があります。

スコアリングシステムとは、統計データに基づいて申込者の信用度をスコアリングすることで、融資可能かどうかを判断するシステムです。スコアリングシステムを導入しているかどうかや、スコアリングの条件などは基本的に公開されていません。

担保不要のビジネスローンもある

ビジネスローンには、担保や保証人の用意が不要なローンもあります。無担保のビジネスローンは有担保のビジネスローンと比べて金融機関側のリスクが高いため、金利が高く設定されていたり、融資額が少なかったりします。

有担保のビジネスローンは、会社のオフィスなど不動産を担保にすることで、無担保ローンよりも多くの額を借り入れられます。また、返済期間も長く設定できるため、月々の返済額を抑えられます。

ただし、審査時間が長く、不動産への抵当権の設定が必要なため、融資を受けるまでにより多くの時間を有することに注意が必要です。可能な限り早く融資を受けたい方は、無担保のビジネスローンを選ぶとよいでしょう。

総量規制の対象にならない

総量規制とは、個人の借入総額を年収の3分の1に制限する制度です。例えば、年収600万円の個人は、借入総額の限度額が200万円となります。個人・法人がビジネスローンを利用する場合、総量規制の対象になりません。

ただし、カードローンなどで融資を受けている個人がビジネスローンに申し込む場合は、現在の借入額が審査に影響する可能性があります。

ビジネスローンの種類

ビジネスローンは、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などが提供しています。それぞれの特徴について、詳しくみていきましょう。

銀行のビジネスローン

銀行のビジネスローンは、通常の銀行融資と比べて金利が高い代わりに、審査がやさしいことが特徴です。また、オンラインで手続きや審査が完結するビジネスローンもあります。一般的な融資可能額は50~1,000万円で、金利は2~14%です。金利は、審査によって決まる仕組みで、金融機関が融資をするリスクが高いほどに金利も高くなります。

会計ソフトとの連携で利用できるビジネスローン

会計ソフトで作成した決算書を使用して、提携先の銀行のビジネスローンに申し込む方法があります。普段から使用している会計ソフトが提携している銀行であれば、安心して申し込めるという方もいるでしょう。

ただし、会計ソフトとの連携によって銀行のビジネスローンに申し込むことに、特にメリットはありません。融資可能額や金利などが優遇されるわけでもないため、提携先の銀行のビジネスローンが自社に合っているかどうか慎重に検討することが大切です。

カード会社や消費者金融が提供するビジネスローン

クレジットカード会社や消費者金融もビジネスローンを提供しています。担保や保証人が必要ないうえに、銀行と比べて審査に通りやすいことが特徴です。また、審査にかかる時間が銀行のビジネスローンよりも短いため、早く融資を受けたい方に向いています。

ただし、金利は6~18%前後と比較的高いため、時間に余裕がある場合は銀行のビジネスローンを選びたいところでしょう。

まとめ

ビジネスローンは、銀行とクレジットカード会社、消費者金融が提供しており、審査時間や審査のやさしさ、金利、融資可能額などが異なります。自社の状況に応じて、申込先を選ぶことが大切です。ビジネスローンの審査に通過できなくて資金繰りが厳しくなった場合には、事業再生のための法的手続きの案内やアドバイスを行える梅田パートナーズ法律事務所にご相談ください。

法人破産に悩んだら弁護士へ早めに相談を!

会社の資金繰りが悪い、苦しいことを一人で悩まないでください。専門の弁護士にお任せください。 初回無料でご相談いただけます。何を話せば良いか、誰に相談したら良いか分からない方もお電話を。

この記事を監修した弁護士

弁護士 西村 雄大
梅田パートナーズ法律事務所

大阪弁護士会【登録番号 49195】

こちらのコラムもよく読まれています

いますぐご相談ください
ご相談予約はこちらから。お気軽にご相談ください
ご相談予約フォーム
いますぐご相談ください!簡単1分で入力!Webで相談予約 ご相談予約フォーム 土日・祝日・夜間のご相談にも対応 0120-074-013 電話受付時間 / 土日祝日問わず 9:00 ~ 22:00