自己破産 期間

  • 会社が破産したあとの経営者はどうなるか

    ・一定期間(5年〜10年)クレジットカードを発行することができなくなり、また、ローンを組むことができなくなる・弁護士や税理士などの士業や、取締役などの仕事を一定期間行うことができなくなる (復権の手続きを行うことによって復職することが可能) 以上より、自己破産をする際には今後の生活を大きく変えうる事態になりますの...

  • 自己破産の復権とは?

    自己破産をしたときには、職業制限などがかかります。特に他人の財産を預かる仕事につくことが出来なくなる他、士業への登録も出来なくなってしまいます。しかし、一定期間を経過するなどして、自己破産をしたことによる制限の解除をすることを「復権」といいます。「復権」を行うことによって、職業制限も解除されることになります。 

  • 自己破産のメリット・デメリット

    そのような方がよく検討されるのが自己破産です。 自己破産とは、自身の財産等を換金してもらいそれを借金の返済にあて、財産で返済できない借金については免除してもらうことができるという制度です。つまり、自己破産をすれば借金の返済が免責されます。これが自己破産を行う一番の大きなメリットです。借金の返済が免責されるため、債...

  • 自己破産後にクレジットカード契約やローンを組むのは可能?

    自己破産は、借金を全て帳消しにしてくれるという大きなメリットを有している反面その後の生活に大きなデメリットを引き起こします。例えば住居や車など、個人の重要財産を全て没収されてしまうため、これを使用できないことや官報に掲載されて一般に自分が自己破産者であることがバレてしまうということ、一定期間の間働く職業の種類に制...

  • 自己破産による職業制限とは

    借金がかさんで首が回らなくなってしまったという場合、無資力になってしまった場合、最終手段として自己破産を検討する人は多いかと思います。自己破産は、住んでいた住居や車などの財産が換金されてしまう一方で全ての債務を免除してもらうことができるという破産法上の制度です。 この制度は借金免除という大きなメリットを提供する一...

  • 民事再生

    申立てから、裁判所が再生計画を認可するまでに要する期間は約半年という迅速な手続きではありますが、遅滞なく進めるために、準備や対応は確実に行われるべきでしょう。 このように、民事再生は、経済的に破綻した債務者が再生することを通じて、あらためて事業活動を継続し、やり直す機会をもつことを図るために有効な手段であるといえ...

  • 任意清算

    存続期間の満了、定款所定の解散事由の発生、総社員の同意など、自主的な判断により解散する場合にのみ認められています。合名会社と合資会社にのみ許される清算方法です。合名会社や合資会社は有限責任社員がいるため、会社財産の処分方法を任意に決めても、債権者を害するおそれが少ないために認められます。 任意清算では、会社内では...

  • 廃業して会社を清算する手続きとは

    ■廃業にかかる期間債権申出の公告の期間を2か月以上取らなければならず、その間は廃業の手続きを完了させることができないため、廃業にかかる期間は2ヶ月以上ということになります。 ■廃業にかかる費用専門家に依頼しなかった場合に、最低限かかる費用は以下の通りです。 ・登記費用解散登記…清算人選任登記…清算結了登記…・登記...

  • 任意解散

    ・定款で定めた存続期間の満了・定款で定めた解散事由の発生 任意解散は、広義の株主の意思に基づく解散です。 ■解散決議の効力任意解散のうち、最も多いのが株主総会決議による場合です。株主総会決議が、不当な動機に基づいてなされた場合に解散決議が有効かどうかが問題となる場合があります。例えば、解散が債権者を害する目的でな...

  • 会社解散

    解散事由のうち、「定款で定めた存続期間の満了」・「定款で定めた解散事由の発生」・「株主総会の決議」の場合は、代表清算人が解散の登記を行うことになり、清算手続が結了するまでの間は株主総会決議によって会社を継続することができます。 ■会社解散と会社清算会社は、「解散」によって直ちに消滅するわけではありません。「清算」...

  • 会社破産と会社倒産の違いとは

    その一方デメリットとしては、中小企業の代表者が会社破産をした際には、代表者も連帯保証人になっているケースが多いため、会社破産に伴い、代表者も自己破産をしなければならない可能性があります。また、事業や財産は全て処分されてしまうため、例えば工場やオフィスなどの建物を残しておきたいと言った場合には、会社破産以外の債務整...

  • 債務超過の会社が廃業するには

    これは、弁護士の監督の元に、債権者と債権の支払い期間・方法を交渉しながら、頑張って債務を弁済するという方法です。要するに交渉ということになります。これには会社の財産のみならず、経営者・社長の個人の財産を売却し、それを会社の債務に当てることも考えられます。 また、弁護士の監督の元で、公正公平な手続きで、各債権者に対...

  • 社長死亡時の会社清算手続き

    ①定款で定めた存続期間が満了すること②定款で定めた解散事由が発生すること③株主総会の決議④他会社と合併をすること⑤破産手続開始の決定がされること⑥裁判所による会社の解散命令もしくは株主による会社の解散の訴えが容認されることのいずれかの場合に解散されることになっています(会社法471条各号)。例えば、定款に「社長が...

  • 会社が破産したら経営者はどうなる?

    また、経営者は会社の連帯保証人になっている場合が多く、この場合には、経営者は自己破産を行わなければ借金を免責してもらえず、やむをえず自己破産するという場合もあります。経営者が自己破産した場合には一般の自己破産と同様に自己の財産はほとんど換金され、ブラックリストや官報に掲載され、職業制限がされます。また、旅行や転居...

  • 自己破産すると官報に掲載され家族や近所にバレる!?

    借金が収入を上回り返せる状況でない、債権者と交渉して任意整理を行ってみたものの結局借金返済の見通しが立たないなどといった場合、自己破産を検討する人は少なくありません。 自己破産は、全ての借金をなくしてくれるという大きなメリットがあります。しかし、その一方で住居や車などの個人の重要な資産となるものをはじめとした、換...

弁護士法人梅田パートナーズ法律事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

西村弁護士

代表弁護士

西村 雄大

HPにお越し頂きまして誠に有難うございます。


弁護士の西村 雄大と申します。これまで「弁護士」という職業は、一般的にどこか取っ付き難い職業として認知されていたのではないかと思います。

今はインターネットなどを通じて、ある程度の知識は誰でも取得できるようになりました。法律に関しても同じです。

このような時代だからこそ、弁護士に頼んでよかったと思っていただけるよう、プラスアルファの情報・一つ上のサービスを心掛けて対応します。


まずはお電話ください。

所属 大阪弁護士会

事務所概要

  • 事務所外観
  • 事務所外観
事務所名 弁護士法人梅田パートナーズ法律事務所
代表弁護士 西村 雄大〈 大阪弁護士会 登録番号 49195 〉
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-6-4 堂島野村ビル2階
電話番号 050-3204-0093
FAX 06-6450-6665
執務時間 土日祝日問わず 9:00~18:30〈 事前予約で時間外も対応 〉
相談料 初回法律相談無料
備考 倒産問題に経験豊富な法律事務所です。