民事再生 デメリット

  • 事業再生のメリット

    一方デメリットもあります。まずは事業再生で、会社更生法や民事再生法などに基づく裁判手続をとると多額の費用と時間、手間がかかるという点です。さらに債権者の理解を得るための交渉や話し合いにもかなりの労力がかかります。そこまでしても、再生計画に基づく事業再生がうまくいくとも限らず、破産してしまった方が赤字を抑えられたよ...

  • 会社破産と会社倒産の違いとは

    その一方デメリットとしては、中小企業の代表者が会社破産をした際には、代表者も連帯保証人になっているケースが多いため、会社破産に伴い、代表者も自己破産をしなければならない可能性があります。また、事業や財産は全て処分されてしまうため、例えば工場やオフィスなどの建物を残しておきたいと言った場合には、会社破産以外の債務整...

  • 法人(会社)が民事再生を行うメリット・デメリット

    多額の債務を抱えてしまい債務整理を行う場合、民事再生という手続きがあります。民事再生は、債務の減額をしてもらい会社の再建を目指す手続きです。民事再生にも、自力再建型、スポンサー型、清算型と呼ばれる方法があります。 民事再生のメリットとしては、事業を継続できる点が大きいです。債務を減額してもらったうえで、返済猶予を...

  • 会社破産・倒産問題を弁護士に相談するメリット

    具体的には、破産法や民事再生法、会社更生法に規定されている裁判手続や、また裁判所を通さず債権者など利害関係人同士の交渉により解決を図る、私的整理の方法などがあります。 企業の経営上の問題や債務について法的手続きを検討することで、赤字の被害や債務を最小限に抑えることや、事業を存続することが可能になります。ただ、相談...

  • 会社更生

    株式会社が経営に行き詰まって企業再生を考えるとき、とりうる法的手段としては会社更生手続と民事再生手続がありますが、会社更生手続はより強力な手続きです。無担保債権者だけでなく、株主、担保債権者の権利も制約しカットすることができ、また組織の大幅な再編も簡易に行うことができます。ただし、更生管財人という裁判所選任の者が...

  • 民事再生

    民事再生とは民事再生法が規定する裁判手続きです。債務や赤字などで経済的に窮まっている個人や企業に対して、債権者の同意を得、裁判所の認可を受けた再生計画を通じて、裁判所の話し合いによって利害を調整し、債務者の事業や経済生活の再建を図ります。破産が債務を全て清算し、事業も廃止してしまう制度なのに対して、民事再生は、事...

  • 企業再生の方法とは

    法的再生とは、民事再生法または会社更生法等に基づいた再生手続で、法律により定められた手続に従い行います。裁判所が第三者として関わるので、スムーズに話し合いが進み、また再生可能かを裁判所が判断するため、債権者の理解も得やすいです。法的手続の種類としては、民事再生と会社更生があります。民事再生は個人や企業のどちらも利...

  • 会社が破産したあとの経営者はどうなるか

    借金が全てなくなることから、新しいスタートを切りやすい反面、今まで購入してきた財産を全て処分しなければならないというデメリットがある会社破産ですが、この制度を利用した際、経営者はどのような立場になるのでしょうか。以下説明します。 会社が破産したとしても、経営者個人に対して会社債務の支払いを求めることはできません。...

  • 廃業と倒産の違い

    倒産には、支払い不能である債務を清算する破産と、再建可能性のある会社であれば再建を目指す民事再生の2つがあります。破産や民事再生、会社更生はどの会社もできるわけではなく、例えば破産手続であれば、債務の支払いが不能であるか、債務が超過している場合に限られます(破産法15条1項、16条)。そして、弁済できなかった債権...

  • 自己破産のメリット・デメリット

    しかし、このようなメリットの裏側には多くのデメリットが存在します。まず、住居や車などをはじめとした財産を債務者はほとんど全て奪われてしまいます。奪われた財産は換金され、債権者に弁済されます。そのため、債務者は現在の住居を追い出され、他の住居を探さなければなりませんし、ほぼ無一文状態になります。 次に職業の制限があ...

  • 自己破産後にクレジットカード契約やローンを組むのは可能?

    自己破産は、借金を全て帳消しにしてくれるという大きなメリットを有している反面その後の生活に大きなデメリットを引き起こします。例えば住居や車など、個人の重要財産を全て没収されてしまうため、これを使用できないことや官報に掲載されて一般に自分が自己破産者であることがバレてしまうということ、一定期間の間働く職業の種類に制...

  • 自己破産すると官報に掲載され家族や近所にバレる!?

    さらにデメリットの一つに官報に掲載されてしまうというデメリットがあります。官報に掲載されてしまうということは、世間一般の人に自己破産したことがバレてしまうというということになります。そのため、家族や近所にもバレてしまうのか。と悩まれる方は少なくありません。 確かに、官報には自己破産者の氏名・住所などが記載され、個...

  • 自己破産による職業制限とは

    この制度は借金免除という大きなメリットを提供する一方で、ブラックリストや官報に掲載されてしまったり、財産がほとんどなくなってしまったり、社会的信用に傷がついてしまったりとデメリットも多いです。その一つに自己破産を受けると、働くことができない職業というものがあります。つまり、自己破産によって一定の職種について職業選...

お電話でのお問い合わせTEL050-3204-0093

電話受付時間 / 土日祝日問わず 9:00~18:30

弁護士法人梅田パートナーズ法律事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

西村弁護士

代表弁護士

西村 雄大

HPにお越し頂きまして誠に有難うございます。


弁護士の西村 雄大と申します。これまで「弁護士」という職業は、一般的にどこか取っ付き難い職業として認知されていたのではないかと思います。

今はインターネットなどを通じて、ある程度の知識は誰でも取得できるようになりました。法律に関しても同じです。

このような時代だからこそ、弁護士に頼んでよかったと思っていただけるよう、プラスアルファの情報・一つ上のサービスを心掛けて対応します。


まずはお電話ください。

所属 大阪弁護士会

事務所概要

  • 事務所外観
  • 事務所外観
事務所名 弁護士法人梅田パートナーズ法律事務所
代表弁護士 西村 雄大〈 大阪弁護士会 登録番号 49195 〉
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-6-4 R-Ⅱビル2階
電話番号 050-3204-0093
FAX 06-6450-6665
執務時間 土日祝日問わず 9:00~18:30〈 事前予約で時間外も対応 〉
相談料 初回法律相談無料
備考 倒産問題に経験豊富な法律事務所です。