自己破産後にクレジットカード契約やローンを組むのは可能?

自己破産は、借金を全て帳消しにしてくれるという大きなメリットを有している反面その後の生活に大きなデメリットを引き起こします。例えば住居や車など、個人の重要財産を全て没収されてしまうため、これを使用できないことや官報に掲載されて一般に自分が自己破産者であることがバレてしまうということ、一定期間の間働く職業の種類に制限が設けられることなどが挙げられます。

 

そのようなデメリットの一定期間、借金をすることができなくなることが挙げられます。これはブラックリストに載ることで金融機関等からの審査を通ることができなくなり、実質的に借金をすることができないのです。そのため、ローンを組むことは難しいです。

 

これと同様に、破産後すぐにクレジットカードを作ることもできません。

理由は金融機関の場合同じでカード会社の審査を通ることができないためです。

 

しかし、自己破産後は永久的に借り入れができなくなるわけではありません。ブラックリストから自己破産の記録が消滅すればクレジットカード契約やローンを組むことができます。自己破産の記録が消滅するか否かは各金融機関、信販会社、消費者金融によって期限が異なります。金融機関は10年間、信販会社・消費者金融は5年間で自己破産した情報が消滅することが一般的です。

そのため、クレジットカード新たに作るためには、自己破産後最低でも5年間の経過は必要になります。

また、ローンについても同様です。銀行からローンを組みたい場合には自己破産から10年の経過が必要になります。

 

自己破産によって社会生活上、多くの制限を受けます。しかし、それらは永久的であるものは少なく、一定期間が経過すると破産者でなかった頃と同じ生活を送れる場合もあります。ですから、自己破産によって影響を受ける期間がどのくらいあるのかということは自己破産をする前に把握しておくと良いです。

 

自己破産には法律の専門的知識も必要になることが多いため、弁護士などのアドバイスを受けることで破産者にとってより良い選択ができることもありますので、自己破産をご検討の方、自己破産後に破産の影響で困っていることがある方はぜひ一度、当事務所までご相談ください。

 

当事務所は、大阪市、東大阪市、堺市、神戸市、豊中市を中心に、全国の皆様からご相談を承っております。

会社破産・会社倒産でお悩みの方は、是非一度梅田パートナーズ法律事務所にご相談ください。

弁護士法人梅田パートナーズ法律事務所が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

弁護士紹介

西村弁護士

代表弁護士

西村 雄大

HPにお越し頂きまして誠に有難うございます。


弁護士の西村 雄大と申します。これまで「弁護士」という職業は、一般的にどこか取っ付き難い職業として認知されていたのではないかと思います。

今はインターネットなどを通じて、ある程度の知識は誰でも取得できるようになりました。法律に関しても同じです。

このような時代だからこそ、弁護士に頼んでよかったと思っていただけるよう、プラスアルファの情報・一つ上のサービスを心掛けて対応します。


まずはお電話ください。

所属 大阪弁護士会

事務所概要

  • 事務所外観
  • 事務所外観
事務所名 弁護士法人梅田パートナーズ法律事務所
代表弁護士 西村 雄大〈 大阪弁護士会 登録番号 49195 〉
所在地 〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-6-4 堂島野村ビル2階
電話番号 050-3204-0093
FAX 06-6450-6665
執務時間 土日祝日問わず 9:00~18:30〈 事前予約で時間外も対応 〉
相談料 初回法律相談無料
備考 倒産問題に経験豊富な法律事務所です。